HOME に戻る
長野式研究会





・次回講座のご案内
・長野式研究会 尚古堂便り
 ├ vol.71〜
 └ vol.1-70
・ニュース&アラカルテ
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●講座案内

《長野式研究会 & w-key net》では、現在、埼玉県の【大宮会場】で下記の講座を行っています。
参加ご希望の方は、電話・Fax・メールなどでお問い合わせ、あるいは、お申し込み下さい。
各講座の日程などは、『講座情報』をご覧下さい。

《 基礎講座 》

初めて長野式治療法に触れる方、あるいは、最近ビデオ・DVDなどで長野式治療法に出会われ、実際を学びたい方などを対象に、「長野式治療法」の基礎から簡単な応用までを学ぶ講座です。
「長野式治療法」の特徴と概要、長野潔先生と松本岐子先生の考え方や手技の特徴、頻用する処置法や経穴などを中心に、ほぼ、毎月1回ずつ計6回に分けて実技を交えながらお話致します。
※‘基礎講座’の参加者希望者が非常に多く、キャンセル待ちが相当数あり、場合によっては2年以上も待たなければならないときには、臨時に‘基礎講座’を開講致します。
‘臨時:基礎講座’は、1回当たりの時間を増やし、通常の‘基礎講座’の7回の内容を、5回で修了致します。


《 プレ実技講座 》

参加者同士が2人一組となり、主な処置法や使用頻度の高い経穴を取穴し、それらを確実に覚えて頂くことを主眼とした講座です。また、取穴した経穴の中から、代表的な経穴や刺鍼法に特徴のある経穴などのいくつかに、実際に刺鍼し、‘実技講座’の前に処置法と経穴の刺鍼法を学びます。
できれば、所見のある場合には、その所見を改善する処置法の経穴に刺鍼し、所見の変化するのを実際に体験して頂きたいと思います。
原則として、‘基礎講座’を修了された方を対象に行います。

《 実技講座 》

参加者が2人一組となり、お互いに施術者と実技モデルになって問診し、所見を取り、カルテに書き、治療し、‘基礎講座’で学んだ治療法を、どの様に実際の治療に生かしていくかを体験して頂く講座です。
所見の取り方、治療の方法などを臨床に即して個別に指導していきます。また、提出されたカルテは、個々に添削し、コメントをつけて返送いたします。
※‘基礎講座’を修了された方が対象です。

《 臨床応用講座 》

‘実技講座’の「予診票」及び「実技カルテ」をテキストとして使用し、それをもとに‘実技講座’での個々の症例の治療内容や、着眼点・手技など全体を通して気が付いたことや伝えきれなかった事、‘実技講座’での興味あるモデルなどについてお話しをしたり、あるいは実際に治療しての質問などを‘基礎講座’の復習も兼ねて学ぶ講座です。
初級レベルを対象とした‘基礎講座’に対して、‘臨床応用講座’は、‘基礎講座’で得た各処置法を、どのように応用し実際の臨床に生かすかを学んで頂く中級レベルの講座です。‘プレ実技講座’・‘実技講座’に参加されなかった方も参加できますが、‘基礎講座’を修了された方が対象です。

《 松本岐子先生の著書を共に学ぶ講座 》
(‘著書の講座’と略記することがあります)

待望の松本岐子先生の著書『Kiiko Matsumoto's Clinical Strategies … In The Spirit Of Master Nagano:Vol.1/Vol.2』が世に出ました。折角の素晴らしい著書の内容を知りたい方々から、是非、日本語訳をとの強いご要望がありましたが、当分の間、日本語訳は刊行されない事となりました。
そのため、松本岐子先生の許可を得て、著書をテキストとして、参加者の方々と共に翻訳をしながら‘キー子スタイル’を学びます。著書のサブタイトルにもありますように、「長野式の精神・真髄」が基になっていますので、もちろん、「長野式治療法」を中心に、著書を分かり易い形で説明し、時には、著書の内容の実技や、それに関する事柄を加えていきます。

松本岐子先生の著書は、高度な内容にもかかわらず、ハーバード大学医学部をはじめ世界中で学ぶ方々のテキストとして使用されるため、大変分かり易く、即、明日の臨床に使用できる実践的な書物です。ほぼ毎月行われている、この‘松本岐子先生の著書を共に学ぶ講座’、あるいは、数ヶ月に1度行われる‘松本岐子先生の著書を共に学ぶ−ダイジェスト講座’では、著書の内容を中心に、その項目に対して私の知りうる知識を加えて解説していきます。‘基礎講座’を修了された方は、その復習と応用、ステップアップの講座でもあります。
これらの講座が終了するには、恐らく数年かかるかと思いますが、その時には‘長野式治療法’及び‘キー子スタイル’に関してのプロとなるような講座にしたいと願っています。
‘基礎講座’あるいは‘臨床基礎講座’‘臨床応用講座’などと同じ日に、その講座の前、午前9:30〜12:15頃 まで行います。月に1回程度、1回に5〜10ページ程度学んでいく予定です。

松本岐子先生は、ユニークな古典解釈で有名です。
そのために、松本先生の著書にも、そこここに古典の引用や解釈が散りばめられています。
しかし、中には、非常に程度が高かったり、難解な部分もあります。
参加者の誰もが、松本先生と並ぶ豊富な古典知識をお持ち…と認める和田仁宏先生が、‘ちょっと、一服、古典コーナー’として、松本先生の著書の中に書かれている古典を、更に分かり易く身近なものにするために、引用や解釈、応用などを、講座途中でお話しをされます。
これも、‘松本先生の著書を共に学ぶ講座’の楽しみの一つです。

※‘基礎講座’程度の知識が必要となりますので、原則として‘基礎講座’を修了されたことを前提としてお話しします。
※‘基礎講座’に参加されなくても構いません。いつからでも、どなたでも参加できます。
(テキストなどの準備がひつようなことがありますので、参加される方は、先に、その旨、ご連絡下さい)
※英語は、出来なくても構いません。
※参加者は、著書をご持参下さい。
(著書は、何度か参加されて、以後、継続して参加できるようになってから購入されても構いません)


《 松本先生の著書を共に学ぶ…ダイジェスト講座 》
(‘ダイジェスト講座’と略記することがあります)

前述の‘松本先生の著書を共に学ぶ講座’は、午前中の短い時間のため、遠方の会員の方から毎月参加できないので、内容のダイジェスト版の講座をして欲しいとのご要望に応えるために開講しました。
この素晴らしい著書を、できれば、一人でも多くの方に学んで頂きたいと思い、少しでもその機会を提供したいと、著書の重要な部分をダイジェストにしてお話しします。2〜3ヶ月に1度、1回に約10〜15ページ程度進む予定です。

《 その他 》

★上記の講座の他に、‘産科講座’など、臨時に開講する講座があります。
★2011年度まで、《京都・新大阪会場》では、同様の講座を開講していましたが、諸事情により、閉講することになりました。
しかし、今まで、上記の講座に参加されていた皆さんのご要望によって、改めて、‘総合講座’として開講することになりました。
現在開講しています‘ダイジェスト講座’のVol.1が終了しましたら、‘総合講座’に移行していく予定です。




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.