HOME に戻る
長野式研究会





・長野式研究会 尚古堂便り
・ニュース&アラカルテ
・講座案内
・講座情報
・特別講座
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・お取り扱い品


情報コーナー

●特別講座 vol.4

‘K子母さん’の‘産科講座’《その後》

プライベートで、‘K子母さん’に色々お話を伺いますが、これがまた面白い。
この会話だけで、‘産科講座’ができるほどです。

‘K子母さん’は「感謝してこそ安産」と言われます。
※良い言葉ですネ…。感動しますネ…。
エドガー・ケーシーも、結婚は人が決めるが、妊娠は神が決める…というようなことを言われています。

‘K子母さん’が出産に立ち会った出産で、毎日、写経をしていた妊婦さんが、出産したときに、赤ちゃんが、合掌して生まれてきた、というお話もして下さいました。
まさに、「感謝してこそ安産」です。

妊娠・出産は、どんなに科学が進もうとも、合理的・科学的にうまくいかないことが多々あります。
浅はかな人知で、姑息な手段で取り組もうとしても、妊娠・出産は、「感謝」という心の問題にも関わりのある、神の領域と思います。

先日、会員の方から、
  「幸せなお産」が日本を変える   吉村 正 著    講談社+α文庫
をいただきました。
まさに、上述したことが書かれています。
昔から、私は、折ある毎に‘安産と母乳が世界平和の礎’ と言ってきました。
ヤッパリ…、と嬉しくなりました。

京都会場での‘産科講座’で、‘K子母さん’が、‘仁王立ちの逆子’の時がある…、と話されました。
笑って聞いていましたが、‘K子母さん’の‘産科講座’の後、何と、私の所にも、‘仁王立ちの逆子’の患者さんが来院しました。
鍼灸をすると、お腹の赤ちゃんが動き始めるのですが、帝王切開の期限が迫っていて、それまでに逆子を治すことができず、残念ながら帝王切開となってしまいました。

もう一人、逆子の患者さんが来院され、この方は、1回の治療ですぐに逆子が治りました。
しかし、出産後、母乳が出ているのに子宮収縮が少ないとのことで、再来院されました。
悪露があり、シャワーのみで入浴を禁じられていました。
母乳の出も悪いとのこと。
鼠径部と「肝」の圧痛が著明で、八難治療でほとんどの所見が消失しまし、3回の治療で、母乳も良く出るようになり、ほぼ正常に戻りました。

昨年、不妊症の方で興味ある方がおられました。
主訴は、両足頚の湿疹だったのですが、お話を伺っているうちに、不妊症があるとのこと。
所見は、甘い物と「肝」が顕著に表れていて、副腎反応もあります。
湿疹は、甘い物と「肝」に非常に関係があります。
オ血処置、解毒処置、「照海」を用いた副腎処置、糖代謝の処置が主たる治療です。

甘い物は、極力避けるように、そして、「照海」は、毎日、施灸をするように頼みました。
(長野先生は、不妊症には、毎日、「照海」に施灸させなさいと言われました)
大腿内側に圧痛が診られましたので、「内股踏み」もお願いしました。
昨年、妊娠・出産された《長野式研究会》の2人の女性鍼灸師が、不妊に、これが一番効果があった感じがする、と言われました。

‘K子母さん’も、内股(大腿内側)が、お餅のように軟らかくならなければならないと言われます。また、長野先生も岐子先生も、婦人科疾患には、大腿内側を軟らかくして、リンパの環流をスムースにしなければならないと言われました。

大変忙しい方でしたので、1ヶ月に1〜2回の治療でしたが、4回の治療で妊娠です。
2回目に来院されたときに、短期間で、足頚の湿疹が改善しているので、これはもしかしたら…と思い、更に、食事を玄米食に変えてくれるよう頼みました。
ちょうど、我が家の玄米があったので、それを持たせて、食べられるか様子を見て欲しいと話しました。
通常は、夫の協力が得られないのですが、夫も健康に関心があり、玄米食でも大丈夫とのことで、以来、玄米食中心の食事に変えられました。

婦人科ラインの反応はほとんど無く、結果として、甘い物が不妊症の原因と思われます。
甘い物の治療をして妊娠するなんて、

鍼灸って、素晴らしい!!!
                         そう、思っちゃいますネ−!

甘い物と冷たいものは、妊婦さんに大敵よ! と、‘K子母さん’は言われますが、不妊症の方にも大敵です。
若き女性諸君、「ケーキバイキング」…、甘い誘惑ですが、後で、どうなるか知りませんゾ…!?
故長野潔先生も、「女性は、食事の陰徳を積みなさい」とよく言われました。
‘陰徳’…死語となったような言葉ですが、脈々と生きていますゾ…!?

前回の‘産科講座’の報告に掲載しました方から、出産の写真が送られてきました。
掲載の許可を頂き、アップしました。
出産の凄さ、素晴らしさを感じます。
 ※男は、偉そうなことを言っても、この神々しい経験は、できないんだよネ−。



最近、女性蔑視発言をした国会議員がいました。
余ほど、愚かな母親から生まれてきたのかしら…、だから、余り賢くない(だから国会議員って…と思ってしまいますが…)のかナ−?




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.