HOME に戻る
長野式研究会





・長野式研究会 尚古堂便り
 ├ vol.71〜

 ├ vol.70
 ├ vol.69
 ├ vol.68
 ├ vol.67
 ├ vol.66
 ├ vol.65
 ├ vol.64
 ├ vol.63
 ├ vol.62
 ├ vol.61
 ├ vol.60
 ├ vol.59
 ├ vol.58
 ├ vol.57
 ├ vol.56
 ├ vol.55
 ├ vol.54
 ├ vol.53
 ├ vol.52
 ├ vol.51
 ├ vol.50
 ├ vol.49
 ├ vol.48
 ├ vol.47
 ├ vol.46
 ├ vol.45
 ├ vol.44
 ├ vol.43
 ├ vol.42
 ├ vol.41
 ├ vol.40
 ├ vol.39
 ├ vol.38
 ├ vol.37
 ├ vol.36
 ├ vol.35
 ├ vol.34
 ├ vol.33
 ├ vol.32
 ├ vol.31
 ├ vol.30
 ├ vol.29
 ├ vol.28
 ├ vol.27
 ├ vol.26
 ├ vol.25
 ├ vol.24
 ├ vol.23
 ├ vol.22
 ├ vol.21
 ├ vol.20
 ├ vol.19
 ├ vol.18
 ├ vol.17
 ├ vol.16
 ├ vol.15
 ├ vol.14
 ├ vol.13
 ├ vol.12
 ├ vol.11
 ├ vol.10
 ├ vol.9
 ├ vol.8
 ├ vol.7
 ├ vol.6
 ├ vol.5
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・ニュース&アラカルテ
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●長野式研究会・尚古堂便り
Vol.34
 初めての陣痛付け(2)
 各講座のご案内

初めての陣痛付け(2)

全ての女性や妊婦さんに小麦粉がいけないというのではなく、個々の感受性の差と思われます。
身体に良いといわれる色々なアドバイスをすると、これも駄目、あれも駄目となってしまいますが、いつも私が患者さんに付け加えるのは、「一升酒を呑んでも何でもない人もいれば、オチョコ一杯で倒れる人もいますから、自分がどの程度なのかを知ることが大切ですヨ」と話します。
小麦粉を大量に摂取していても、安産の人は安産と思います。
この妊婦さんは、小さい頃、父親の転勤で、長くカナダで生活をしていました。
母親に聞くと、カナダのパンは美味しく、家族で随分食べたとのことでした。
育ち盛りのときに大量に食べたパンによって、何らかの作用で、小麦粉に対する感受性が高まったのかとも思いますし、あるいは、やはり、日本人の身体には、何百年もの間、米食をしていたDNAが色濃く残っているのかも知れません。


こんな扇子を作っちゃいました…私の気持ちです
以前に、テレビで、クレペリン検査では、日本人は、血液がサラサラの人の方が結果が良く、欧米人では、血液がやや濃い(ドロドロ血?)の人の方が結果が良いという実験をしていました。
このように地域差があるように、長年住んでいた環境が、人によっては影響を受ける事があるのかも知れません。
また、この差を考えた治療が、鍼灸治療の良さかと思います。
個々人に沿った治療ができます。
坐骨神経痛という診断がついている患者さんが来院しても、治療は、オ血が中心だったり、胆石の手術が原因だったり、虫垂炎が関与していたり、ストレスが重要な要因だったり…、それぞれ、非常に異なります。
鍼灸治療は、エビデンスの考えに合わないことが分かります。

2010年『医道の日本』誌9月号に「米国Washington Postが、鍼灸治療によって陣痛は誘発されないとする研究結果を紹介する」との記事がありました。
「…125人の出産予定日を過ぎた妊婦を無作為に正規鍼治療と偽鍼治療の2つの群に分けて治療を行い、24時間以内の出産率や子宮口の拡大率や分娩に要した時間などを比較した結果、出産率は偽鍼治療群(14%)の方が正規鍼治療群(12%)より成績が良く、その他の指標では両群に差がなかった…」
余程、技術の無い鍼灸師が‘陣痛付け’を行ったとしか考えられないのです。
「代替医療のトリック」という著書が出版されて、「鍼灸治療はプラセーボ…」というような内容ですが、これも悪意のある誹謗中傷としか思えません。
これも、余程、技術の無い鍼灸師の治療を見たのか、としか思えません。
「鍼灸治療はプラセーボ…」でしたら、松本岐子先生が、世界屈指の医師の集まるハーバード大学で教鞭をとることはできないでしょう。
昨年8月21日の朝日新聞にも、‘円形脱毛症「ステロイド注射効果」’の記事の中で、「勧められる治療=B」、「行っても良いが十分な根拠がない=C1」、「行わない方がよい=C2」、「(無効か、有害とする研究があり)行うべきでない=D」の分類で、鍼灸を「D」としていました。
私のHPにも掲載しましたが、1歳半の幼児が髪の毛が抜け、ステロイドの塗布を続けても、抜け毛は止まらず、ほとんど髪の毛が無くなったときに、親が医師に「これを続けると、髪が生えてくるのですか…」と尋ねても、曖昧な答えが返ってくるだけだったと言われました。
薬を止め、明らかに、鍼灸治療で治ったのですが、このようなことは知られていません。
ステロイドの局注…などは15歳以下には勧めていない…、とは書かれてありましたが。

書いているうちに、怒りがフツフツと湧いてきたワイ!!!
「初めての‘陣痛付け’」から、色々なことに想いが飛んでいきます。
血圧が上がりそうなので、この続きは、また次回に。


各講座のご案内

◆‘基礎講座’
 今年度(2011年度)‘基礎講座’のご案内ができ、発送が終わりました。
参加される方には、近日中にご案内が届くと思います。
《大宮会場》は、参加費の振込期限までに、お振り込みされて参加確定となります。
キャンセル待ちの方が大変多くおられますので、振込期限までにお振り込みの無い場合には、キャンセル待ちの方の方に、速やかに参加可能の連絡をしてしまいます。
振込期限以後は、たとえお振り込みがありましても受け付けられませんので、ご注意下さい。
期限までにお振り込みできない事情がある場合には、期限前、なるべくお早めに、ご連絡下さい。
《京都・新大阪》は、参加確認の葉書が同封されていますので、参加ご希望の場合は、期限までに葉書を返送下さい。
葉書が返送されないときには参加できませんので、ご注意下さい。

‘基礎講座’のご案内が発送されると、「いよいよ、今年度開始!、今年もやるゾー!…」という気持ちになります。
 今年度、‘基礎講座’に初めて参加される皆さん、宜しくお願いいたします。

◆‘臨床応用講座’
 《大宮会場》・《京都・新大阪》の‘実技講座’が終了し、‘実技講座’の予診票とカルテをテキストにして実践の臨床について学ぶ‘臨床応用講座’を開講します。
興味のあります方は、お申し込み下さい。
 《京都・新大阪会場》
    3月6日(日)   1:30〜4:30  東洋医療専門学校(大教室)
      ※会場の定員に余裕があります。
《大宮会場》
    3月20日(日) 10:00〜4:30  大宮ソニックシティ(902号室)
 ※参加希望者が、非常に増え、当初予定していた人数を大幅に上回ったために、会場の定員一杯までになり、現在、キャンセル待ちとなっています。
3月10日が、参加費の振込期限ですので、3月12〜13日頃には、キャンセルがあるか否かが分かります。
参加される方は、必ず、振込期限までにお振り込み下さい。
また、キャンセル待ちでも宜しい方は、ご連絡下さい。

‘臨床応用講座’は、初級編の‘基礎講座’に対して、中級編と位置づけています。
 患者さんをどう捉え、どのように治療を組み立てるかを学ぶことに主眼を置いています。
  原則として、参加資格は、《長野式研究会 & w-key net》の‘基礎講座’修了者です。



◆‘松本先生の著書を共に学ぶ講座’
 《大宮会場》は、既にVol.2(第2巻)に入り、始めの任脉・督脉が、恐らく、後、1〜2回で終了し、いよいよ、待望の臨床編に入ります。
 臨床編は、耳疾患・眼疾患…など、各疾患別に治療法が書かれていますので、「キー子スタイル」を学ばれた方は、即、明日からの臨床に使用できます。
 《京都・新大阪会場》は、後、数回で、Vol.1(第1巻)が終了し、Vol.2(第2巻)に入ります。
 区切りの良いところから始めたい方は、是非、ご連絡下さい。
 Vol.1(第1巻)が終了しましたら、ご連絡いたします。

◆‘松本先生の著書を共に学ぶ:ダイジェスト講座’
 《大宮会場》・《京都・新大阪会場》は、《京都・新大阪会場》の方が少し先に進んでいますが、両会場とも、ほぼ、350ページを終わり、あと、100ページほどでVol.1(第1巻)が終了します。 

 何度もお伝えしますが、初めて参加されて、「こんなに役に立つのか…!」と驚かれる方が少なくありません。
 「もっと、早くから参加すれば良かった…」、「前に戻って、再度、始めから和訳する予定はないのですか」などの声がよく聞かれます。
 また、アンケートやお問い合わせにも、「和訳は出版されないのですか…」との連絡があります。
 しかし、和訳は、しばらく出版される予定はありません。
 興味のある方は、なるべくお早めに参加して、何度か受講されて判断されても良いかと思います。
 英語は、全くできなくても構いません。

 松本先生の著書に関するこの2つの講座は、いつでも、どなたでも参加できます。
 ご参加をお待ちしています。

◆「K式鍼灸スコア」講座
 2月27日(日)に、「K式鍼灸スコア」講座が《大宮会場》で開講されますが、取穴などの実技の関係で、定員が抑えられています。
 そのために、《大宮会場》では、キャンセル待ちとなっています。
 《京都・新大阪会場》は、参加申込み数が少ないので、今回は、中止とさせていただきます。
 本来は、全国の「キー子スタイル」を取り入れている皆さんに参加していただき、広く疫学的な研究にご協力をお願いしたいのですが、中心となって指導下さる医師が多忙であり、もうすぐ、研究が始まりますので、「K式鍼灸スコア」講座は、今回の《大宮会場》のみで、一応、終了させていただきます。
 また、機会があるようでしたら、是非、ご参加、ご協力をお願いいたします。

 松本岐子先生のセミナーの重圧や大量の事務量から解放され、時間に追われることには変わりがありませんが、精神的に、非常に余裕が感じられるようになりました。
 長く支えて下さったスタッフや会員の方々が、未だ、この老兵を励まし助けて下さいます。
 有り難いことです。
 皆さんに色々とアドバイスを受けながら、今年からは、少しずつ、新たな講座や試みを始めたいと思っています。
 そして、この素晴らしい鍼灸治療を、どうにか一般の人々に広めることにも力を入れ、故長野潔先生の願いでありました「鍼灸の地位向上」に、尽力したいと思っています。
 宜しくお願いいたします。


村上 裕彦 2011年02月




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.