HOME に戻る
長野式研究会





・次回講座のご案内
・長野式研究会 尚古堂便り
 ├ vol.71〜

 ├ vol.70
 ├ vol.69
 ├ vol.68
 ├ vol.67
 ├ vol.66
 ├ vol.65
 ├ vol.64
 ├ vol.63
 ├ vol.62
 ├ vol.61
 ├ vol.60
 ├ vol.59
 ├ vol.58
 ├ vol.57
 ├ vol.56
 ├ vol.55
 ├ vol.54
 ├ vol.53
 ├ vol.52
 ├ vol.51
 ├ vol.50
 ├ vol.49
 ├ vol.48
 ├ vol.47
 ├ vol.46
 ├ vol.45
 ├ vol.44
 ├ vol.43
 ├ vol.42
 ├ vol.41
 ├ vol.40
 ├ vol.39
 ├ vol.38
 ├ vol.37
 ├ vol.36
 ├ vol.35
 ├ vol.34
 ├ vol.33
 ├ vol.32
 ├ vol.31
 ├ vol.30
 ├ vol.29
 ├ vol.28
 ├ vol.27
 ├ vol.26
 ├ vol.25
 ├ vol.24
 ├ vol.23
 ├ vol.22
 ├ vol.21
 ├ vol.20
 ├ vol.19
 ├ vol.18
 ├ vol.17
 ├ vol.16
 ├ vol.15
 ├ vol.14
 ├ vol.13
 ├ vol.12
 ├ vol.11
 ├ vol.10
 ├ vol.9
 ├ vol.8
 ├ vol.7
 ├ vol.6
 ├ vol.5
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・ニュース&アラカルテ
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●長野式研究会・尚古堂便り
Vol.40 来年度‘基礎講座’、クラス増設のお知らせ
      来年もどうぞ宜しくお願い致します

◆来年度‘基礎講座’ 、クラス増設のお知らせ

以前、お知らせしましたように、お陰様で、来年度‘基礎講座’は定員となり、キャンセル待ちの状態となりました。

‘基礎講座’は、例年、キャンセル待ちとなり、キャンセルが少なく参加できなかった方の中には、結局、1年以上お待ち頂かなければならない方もいらっしゃいます。
その方々の中には、相当日数を経ているために、既に、他の予定を入れられてしまったり、参加を取り止められる方がおられます。

そのために、毎年、次年度‘基礎講座’に参加予定の方が、ほぼ定員に達した時点で、確実に次年度の‘基礎講座’に参加されるかの確認をとり、キャンセルが出ましたら、キャンセル待ちの方を順次繰り上げて、ほぼ定員で開講できるようにしています。

来年度(2012年)の参加確認は、今年の8月頃に既に終了しており、参加を取り止めた方の分も、その後のキャンセル待ちの方が繰り上げとなり、ほぼ定員で来年3月開講する予定です。

現在、キャンセル待ちの方は、20数名おられますが、この方々は、再来年度(2013年度)参加になる可能性が強くなっています。
折角、「長野式治療法」・「キー子スタイル」に関心をお持ち下さいましたのに、このまま、1年以上お待ち頂くのは、大変申し訳なく思います。
そのために、来年度は、臨時措置と致しまして、もう一クラス‘基礎講座’を開講することにしました。
急の決定ですので、開講は、7月を予定しています。
(会場は、半年前からの予約となりますので、これから申し込むと7月頃からとなります)

また、通常の‘基礎講座’は、午後から開講し、全7回の講座ですが、今回は午前・午後を通して行い、全5回の講座にする予定です。
 (ほぼ、以下の内容で行う予定です)


2012年度‘臨時:基礎講座’について
◎開講期日 7月上旬、または、中旬頃を予定
※以後、毎月1回、上旬、または、中旬頃を予定
◎開講期間 7月〜11月/全5回
◎ 時 間 am10:00〜pm4:45 (受付開始…9:45)
※途中、昼食休憩を1時間、午前に1回・午後に1〜2回、短い休憩を取ります。
◎ 定 員 40名程度を予定しています
※この定員で会場を取る予定です。定員まで、まだ20名ほど空きがあります。
◎ 会 場 大宮ソニックシティ(大宮西口駅前):会議室
※大宮ソニックシティの会場予約は、半年前からとなりますので、7月の日程が決まるのが1月となります。期日・会場が決まりましたら、ホームページにアップ致します。
もし取れないときには、他の会場となることがあります。
参加をご希望の場合には、ご連絡下さい。
参加される方には、来年5月頃に日程などの詳しいご案内などをお送り致します。



◆今年も大変お世話になりました
   来年もどうぞ宜しくお願いいたします


いよいよ2011年も残り僅かとなりました。
何と言っても、今年は、東日本大地震があり、自然の驚異、明日も知れない人生の儚さを思い知らされました。
私の患者さんの中には、ご両親を津波のために亡くされた方や、間一髪の所で九死に一生を得た友人の話をして下さった方…、「人生、ただ一時の夢の戯れ」と感じます。

皆さんは、今年を振り返って如何でしたでしょうか。
私は、昨年、今年と、我が人生の中でも‘激変の年’と思える程、色々なことがあった年でした。
こんな激変のとき程、人の情けと冷たさを痛感させられます。
何で?、と思えるようなことが定期的に、身に降りかかります。

私の敬愛するエドガー・ケーシーのリーディングの中に
●あなたの苦難、トラブル、さらには失望すらも、主の道をよりよく知るための踏み石として数えなさい。
●あなたがどのような状況にあろうと、それ今のあなたにとって最も望ましい状況であることを忘れてはならない。

というのがあります。

色々な苦難があると、言葉の重みを感じます。
これらのリーディングが、心を癒やし、新たな心を奮い立たせて下さいます。

皆さんの中にも、様々な苦境、苦難、悩み等にさいなまされている方がいらっしゃると思います。
でも、不思議なもので、そこを前向きにとらえて進むと、必ず、次の新たなステップが待っています。(そして、また、更なる苦境などが待ち受けていますが…、でも、それが人生かも?)

今年も、皆さんには、色々と支えて頂き、大変お世話になりました。
来年も、是非、宜しくお願い申し上げます。
良いお年をお迎え下さい。



村上 裕彦 2011年12月




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.