HOME に戻る
長野式研究会





・長野式研究会 尚古堂便り
・ニュース&アラカルテ
 ├ vol.38
 ├ vol.37
 ├ vol.36
 ├ vol.35
 ├ vol.34
 ├ vol.33
 ├ vol.32
 ├ vol.31
 ├ vol.30
 ├ vol.29
 ├ vol.28
 ├ vol.27
 ├ vol.26
 ├ vol.25
 ├ vol.24
 ├ vol.23
 ├ vol.22
 ├ vol.21
 ├ vol.20
 ├ vol.19
 ├ vol.18
 ├ vol.17
 ├ vol.16
 ├ vol.15
 ├ vol.14
 ├ vol.13
 ├ vol.12
 ├ vol.11
 ├ vol.10
 ├ vol.9
 ├ vol.8
 ├ vol.7
 ├ vol.6
 ├ vol.5
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●ニュース&アラカルテ
vol.12

『Hara Diagnosis : Reflections on the Sea』を販売いたします

「長野式治療法」がここまで広まったのは、故長野潔先生の名人芸である‘脉診’を、松本先生が、誰にでも分かり易く、取り入れ易い‘腹診’に翻訳されたことにあると思います。
ホームページにも、「ご挨拶」にある「長野式治療法」に掲載されていますが、松本先生は、『Hara Diagnosis : Reflections on the Sea』という古今東西の腹診をまとめた著書を書かれているように、‘腹診’のオーソリティです。

色々と仕事が増え、これ以上手を広げたくはなく、また、直接、「長野式治療法」には余り関係がないので、長い間、『Hara Diagnosis : Reflections on the Sea』は、取扱いをしてきませんでした。

しかし、講座や講演会、ホームページなどで、‘脉診’の「長野式治療法」が、松本先生により、如何に‘腹診’の「キー子スタイル」に再構築されたかを説明するために、この『Hara Diagnosis : Reflections on the Sea』を紹介するに従い、この著書を入手したいとのご要望が非常に多くなってきました。

そこで、これからは、『Hara Diagnosis : Reflections on the Sea』も取り扱いたいと思います。
先ず、‘松本先生の著書を共に学ぶ講座’や‘松本先生の著書を共に学ぶ:ダイジェスト講座’に参加されている方に販売し、一段落しましたら、その他の皆様に販売したいと思います。

『Hara Diagnosis : Reflections on the Sea』を入手ご希望の方は、メールでご連絡ください。
また、《長野式研究会》の会員の方で、住所・電話番号・Fax番号をご存じの方は、手紙や電話、Faxなどでも結構です。
「松本先生の著書『Hara(ハラ)』を入手希望」… とお伝え(お書き)下さい。
こちらに著書が届き次第、申し込み順に従ってご案内などをお送りいたします。


【補足】
『Hara Diagnosis : Reflections on the Sea』
を始め、その他の取扱い品の価格や、講座の参加費などの一部を、ホームページ上では記載していません。
参加費や価格を記載しますと、定員となり参加できないにもかかわらず払い込まれたり、在庫の有無を確かめずに送金してきたり…などのトラブルが起こってきます。
そして、そのための返金や説明などの事務処理に、手間取ることになります。
講座のお問い合わせや品物のご購入に関しましては、先ず、その旨、ご連絡ください。
詳しいご案内をお送りし、その中に、参加費や価格、払込方法などが記載されています。また、それ用の振替用紙も同封いたします。
ご案内をご覧になりましてから、講座参加や品物のご購入をお決め下さい。


◇メールの送・受信が届かないことがあります

「情報コーナー」→「長野式研究会・尚古堂便り」のVol.18でお知らせしましたように、最近、届かないメールが非常に増えています。(Vol.18をご参照下さい)

メールを下さった皆様に、私からの返事が数日間届かないときには、こちらにメールが届いていないか、私からのメールが皆様に届いていないかということですが、確認ができません。
(セミナー・講座などの出欠、取扱品などに関しては、講座のため、京都会場に出かけているとき以外は、1〜2日ほどでご返事しています。その他は、緊急度にもよりますが、概ね、1〜2週間以内にはご返事しています)

もし、数日間、私からのメールが届かないときには、お手数でも、再度、携帯メールに送信下さい。
携帯メールに、皆様の電話番号、あるいは、Fax番号をお書き頂き、連絡を欲しいとの旨、お書き添えいただければ、折り返し、こちらから電話・Faxなどで、ご返事いたします。
また、電話の場合には、必要なときには、ご都合の宜しい時間もお書き添え下さい。
皆様が送信されたまま、こちらからの返信メールが届かないため、講座への参加を諦めたり、誤解された方もおられるのでは…、と心配しています。
お心当たりのある方は、今からでも、是非、ご連絡下さい。

 ●携帯メールアドレス  wkey-1877=t.vodafone.ne.jp
  ※wkey-1877とt.vodafone.ne.jpとの間の‘=’を、‘@’に変えて送信下さい。

 ホームページにアップしていますメールアドレスで送信された方は、もう一つの《長野式研究会 & w-key net》用のメールで送信してみて下さい。

 ●もう一つのメールアドレス  naganost=wkey.jp
  ※naganostとwkey.jpとの間の‘=’を、‘@’に変えて送信下さい。




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.