HOME に戻る
長野式研究会





・長野式研究会 尚古堂便り
・ニュース&アラカルテ
 ├ vol.38
 ├ vol.37
 ├ vol.36
 ├ vol.35
 ├ vol.34
 ├ vol.33
 ├ vol.32
 ├ vol.31
 ├ vol.30
 ├ vol.29
 ├ vol.28
 ├ vol.27
 ├ vol.26
 ├ vol.25
 ├ vol.24
 ├ vol.23
 ├ vol.22
 ├ vol.21
 ├ vol.20
 ├ vol.19
 ├ vol.18
 ├ vol.17
 ├ vol.16
 ├ vol.15
 ├ vol.14
 ├ vol.13
 ├ vol.12
 ├ vol.11
 ├ vol.10
 ├ vol.9
 ├ vol.8
 ├ vol.7
 ├ vol.6
 ├ vol.5
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●ニュース&アラカルテ
vol.15
お悔やみ、お見舞い、お礼
‘臨床応用講座’は、予定通り開講いたします

お悔やみ、お見舞い、お礼
今回の大地震では、皆様、大変だったことでしょう。
身内やお知り合いの中には、不幸にも命を失った方もおられるかと思います。
お悔やみを申し上げます。

‘長野式研究会’を立ち上げた初めの頃からの会員で、長野潔先生に心酔され、長野潔先生や松本岐子先生のセミナーには、欠かさず参加されていた方がおられます。
今回の地震報道で、大きな被害が報道されている亘理に在住され、未だ、連絡が取れません。
最近は、ご主人の看病のために、セミナーからは遠ざかっているのですが、時折、連絡を取り合っていました。
どこかの避難所で、お元気でいらっしゃることを祈るばかりです。
今晩から、温度が冷えるそうです。
食糧不足、心痛、不安、寒さ…大変な状況です。
少しでも早く、救援の手が差し伸べられるのを願い、祈っています。

3月11日には、当院では、ちょうど、午後の治療が始まり、2人の患者さんの治療をしていました。
今までに経験のない突然の大地震です。
すぐに、2人の鍼を抜き、ベッドの下に入るように伝えました。
地震が収まった後、再度、治療を始めましたが、2度目の揺れも大変大きく、すぐに治療を中止し、お帰り頂きました。
その後の予約の入っていた患者さんには、こちらから治療をお断りしたり、あるいは、キャンセルの電話が入りました。
地震の直後から電話が繋がらず、大変でした。

東京方面に勤務されていらっしゃる患者さんが多く、前の晩は帰ることができず、会社に宿泊したためにキャンセルとなり、翌土曜日は、開院休業の状態でした。

多くの会員の方から、ご心配の電話やメールをいただきました。
心より、感謝いたします。
お陰様で、少しの物が棚から落下したり、ドアが開け難くなったくらいで、ほとんど被害らしきことはありませんでした。

計画停電の影響で、店の多くは休業か早じまいしています。
鍼灸院も、これから色々と困難な状況に置かれるかも知れません。
朝の来ない日はありません。
そんなときには、学びの時と考え、ジッと耐えて、暖かい陽の光がさすまで、頑張りましょう。


‘臨床応用講座’は、予定通り開講いたします
3月20日(日)に開講の‘臨床応用講座’は、予定通り行います。
交通機関がどうなるか分かりませんが、ご無理なときにはキャンセルしてください。
先にお送りしましたご案内の規定に従い、3月中に現金書留で返金いたします。
キャンセルの時には、必ず、開始時間の10時までにご連絡下さい。
それまでにご連絡の無い場合には、無断キャンセルとして返金できませんので、ご注意下さい。

これから開講予定の各講座は、現在の所、全て行う予定です。
もし、途中で状況が変わりましたら、ホームページでお知らせいたします。
また、メールや電話でお問い合わせ下さっても結構です。




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.