HOME に戻る
長野式研究会





・長野式研究会 尚古堂便り
・ニュース&アラカルテ
 ├ vol.38
 ├ vol.37
 ├ vol.36
 ├ vol.35
 ├ vol.34
 ├ vol.33
 ├ vol.32
 ├ vol.31
 ├ vol.30
 ├ vol.29
 ├ vol.28
 ├ vol.27
 ├ vol.26
 ├ vol.25
 ├ vol.24
 ├ vol.23
 ├ vol.22
 ├ vol.21
 ├ vol.20
 ├ vol.19
 ├ vol.18
 ├ vol.17
 ├ vol.16
 ├ vol.15
 ├ vol.14
 ├ vol.13
 ├ vol.12
 ├ vol.11
 ├ vol.10
 ├ vol.9
 ├ vol.8
 ├ vol.7
 ├ vol.6
 ├ vol.5
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●ニュース&アラカルテ
vol.38

『医道の日本』誌−5月号に、2つの論文が掲載されています

2017年5月号の『医道の日本』誌に、《長野式研究会 & w-key net》に関係の有るお二人の先生の論文が掲載されています。
『医道の日本』誌の今月号は、巻頭企画が「今の臨床に加えたい…頭部への鍼マッサージ」ということもあり、どちらも頭部に関する論文です。

P41に玉井秀明先生の「「百会」の活用意義」が掲載されています。
「百会」への鍼通電刺激が、大ウツ病患者に効果がある…という内容です。
頭部オ血が、精神的な疾患に関係が有るという、故長野潔先生の治療がエビデンスを得つつあるのでしょうか。
やはり、長野潔先生は凄かった。

P119に原讓先生の「帯状疱疹後神経痛に対するイオンパンピングコードを用いた左DLPFC(背外側前頭前野皮質)領域−左外関治療」が掲載されています。
今まで、『医道の日本』誌に、松本岐子先生が発表されたDLPFCの治療法を、帯状疱疹後神経痛に使用し効果があった症例が2例取り上げられています。
原先生は、このDLPFCをイオンパンピングコードを使用して治療しています。

詳細は、是非、論文をお読みになって、臨床に取り入れたり、治療のヒントにして下さい。

追記 原先生の‘ゆずるクリニック’や鍼灸治療専門の‘玄晏堂’では、施設見学を受け入れています。
もし、この施設で働いてみたいという方は、見学に出かけられては如何でしょう。
鍼灸師と看護師のダブルライセンスの方は、大歓迎です。
原先生の「長野式治療法」・「キー子スタイル」を取り入れた独創的な治療に触れられたり、定期的に「長野式治療法」・「キー子スタイル」の勉強会も行っていますので、これらの治療を臨床を通じて、より深く学び身につけることが出来ます。


いつものことながら、桜の命は短かいです




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.