HOME に戻る
長野式研究会





・次回講座のご案内
・長野式研究会 尚古堂便り
・ニュース&アラカルテ
 ├ vol.39
 ├ vol.38
 ├ vol.37
 ├ vol.36
 ├ vol.35
 ├ vol.34
 ├ vol.33
 ├ vol.32
 ├ vol.31
 ├ vol.30
 ├ vol.29
 ├ vol.28
 ├ vol.27
 ├ vol.26
 ├ vol.25
 ├ vol.24
 ├ vol.23
 ├ vol.22
 ├ vol.21
 ├ vol.20
 ├ vol.19
 ├ vol.18
 ├ vol.17
 ├ vol.16
 ├ vol.15
 ├ vol.14
 ├ vol.13
 ├ vol.12
 ├ vol.11
 ├ vol.10
 ├ vol.9
 ├ vol.8
 ├ vol.7
 ├ vol.6
 ├ vol.5
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●ニュース&アラカルテ
vol.39

沖縄が呼んでいる (1)


沖縄への旅立ちに、富士山がエールを送ってくれました!
今年の1月22日(日)に、沖縄の鍼灸学校の生徒さんに招かれて、セミナーを行いました。

沖縄行きは、これで4回目です。
2012年12月に、沖縄県鍼灸師会の招きで、初めて沖縄に講演に行きました。
そして、その翌年にも招かれましたが、会場が未定とのことで、沖縄の学校で教員をされていて、「長野式治療法」・「キー子スタイル」を学ばれている南部先生に学校の教室をお借りできないかとお尋ねすると学校側が快諾下さり、午前は、沖縄県鍼灸師会のセミナーを、午後は、会場を提供下さった学校へのお礼のため、学生さん向けのセミナーを行うことにしました。
沖縄の学生さんや鍼灸師の皆さんは、東京のように、いつでもどこかで研究会やセミナーが行われている環境ではないので、非常に熱心です。
鍼灸師会の方は、沖縄本島はもちろんのこと、他の島からも遠路参加されました。
以前、《京都・新大阪会場》に、屋久島から参加された方がおられましたが、島から参加…、《大宮会場》では考えられないことです。

学生は、午後だけの参加でしたが、もっと学びたいとの熱意から、2016年の3月に学生のためのセミナーを1日かけて行いました。
 そして今年、南部先生が、しばらく東京に戻るということになり、その前に、もう一度学校でセミナーをして欲しいということで、最初に書きましたように、沖縄に行ってきました。

今回は、石井弦先生だけではなく、全くのボランティアで、他に3人の女性スタッフが同行し、お手伝いをして下さいました。
この3人のスタッフは、以前、沖縄のこの学校で学び卒業された雪山先生、現在、神奈川県立精神医療センターで石井先生と研究を共にされている佐藤先生、それに、高校卒業後すぐに鍼灸学校に入り、卒後すぐに、「長野式治療法」・「キー子スタイル」をメインに治療を行っている治療院に勤務され、どっぷりと「長野式治療法」・「キー子スタイル」に浸かって将来の「長野式治療法」・「キー子スタイル」を広めていくホープの一人である若き松下先生です。
この3人は、石井先生のもと、原讓先生の‘ゆずるクリニック’・‘玄晏堂’で学び臨床をされていて、充分な知識と臨床を身につけていますので、セミナーを助けてくれる人材として申し分の無いスタッフです。

1月22日のセミナーを前に、セミナー前の打ち合わせを兼ねて、沖縄料理屋に。
沖縄の古酒(クースー)で乾杯をし、珍しい沖縄料理に舌鼓を打ち、明日への英気を養います。


美味しそうな沖縄料理を前に、セミナーの成功を祈りつつ…。
左から雪山さん・南部先生・私

※残念ながら、このときは、打ち合わせに集中したために(?)料理の写真を撮るのを忘れました。
ですから、写真は、昨年のセミナーのときの前日の打ち合わせの時のものです。
今年も、同じ沖縄料理のお店です。





Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.