HOME に戻る
長野式研究会





・長野式研究会 尚古堂便り
・ニュース&アラカルテ
 ├ vol.39
 ├ vol.38
 ├ vol.37
 ├ vol.35
 ├ vol.34
 ├ vol.33
 ├ vol.32
 ├ vol.31
 ├ vol.30
 ├ vol.29
 ├ vol.28
 ├ vol.27
 ├ vol.26
 ├ vol.25
 ├ vol.24
 ├ vol.23
 ├ vol.22
 ├ vol.21
 ├ vol.20
 ├ vol.19
 ├ vol.18
 ├ vol.17
 ├ vol.16
 ├ vol.15
 ├ vol.14
 ├ vol.13
 ├ vol.12
 ├ vol.11
 ├ vol.10
 ├ vol.9
 ├ vol.8
 ├ vol.7
 ├ vol.6
 ├ vol.5
 ├ vol.4
 ├ vol.3
 ├ vol.2
 └ vol.1
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●ニュース&アラカルテ
vol.4
2008/03/12
仕事量が、越えました!− ご迷惑をおかけしています
『2007年度 松本岐子先生セミナー in Kyoto』のビデオができました
メールに関してのお詫びとお願い

仕事量が、越えました!− ご迷惑をおかけしています
お陰様で、「長野式研究会」も大宮会場は、‘基礎講座’が前期・後期と2回となり、大宮・京都会場の参加者が増え、‘プレ実技講座’・‘実技講座’もそれぞれの‘基礎講座’に対して、2度行わなければならなくなりました。
‘産科講座’も新たに始まり、それに、4月からは、精神医療センターに開設される、「ストレスケア・センター」の‘鍼灸科’に、週1回勤務をすることになり…、と仕事がどんどん増えてきてしまいました。

スタッフの方が、色々と支えて下さいますが、それでも、私一人で行う仕事も多く、いよいよ、私の能力と負担できる仕事量を越えてしまいました。

2度のセミナーは、非常に負担が多く、京都会場の松本先生のセミナーも、縮小して、負担を軽減しながら継続する方法を取らざるを得なくなりました。

「長野式治療法」・「キー子スタイル」が広く認められてきているということで、大変喜ばしいことなのですが、体力は確実に衰えてきていますので、今までのように動くことも出来なくなってきています。

期日の決められている講座などは、優先的に行わなければならないので、皆さんからのお問い合わせやなどにも、支障が出ていますことをお許し頂きたいと思います。

ご依頼されたことを失念していることがあるかも知れません。
メールのご返事も、2〜3日以内には返送していましたが、1〜2週間ほど遅れることがありますが、そのときには、ご容赦下さい。
参加されたい講座などの案内も届いていないことがあるかも知れません。
その時には、再度、ご連絡下さい。
特に、頒布品に関しては、後回しになっています。
昨年のセミナーの返信葉書に頒布品希望の欄に○を書かれた方で、早く送付を希望されている方は、お手数ですが、ご連絡下さい。

ご迷惑をおかけいたします。申し訳ございません。



『2007年度 松本岐子先生セミナー in Kyoto』のビデオができました
長くお待たせして、申し訳ございません。
昨年11月25日に開催されました『2007年度 松本岐子先生セミナー in Kyoto』のライブビデオが完成し、会員の方には、案内をお送りいたしました。
今年度の「長野式研究会」の案内も添付されています。
また、スタイルを改めて開催される、今年度の『2008年度 松本岐子先生セミナー in Kyoto』の案内もあります。
「セミナー情報」もご覧下さい)
会員以外で、案内を希望される方は、電話・Fax・メールなどでお申し込み下さい。



メールに関してのお詫びとお願い
◎メールが故障して、送受信ができませんでした。
3月4日より、メールが故障し、送受信とも出来なくなってしまいました。
3月2〜3日頃に送信された方には、一部返信メールを出すことができませんでした。
特に、wkeyを使用された方には、それ以前からのメールの送受信が出来なくなっていました。
3月11日に復旧しましたので、3月11日までに送信された方で、返事が届いていない方は、再度、送信下さい。
3月10日・11日に送信された方は、2〜3日お待ちになってからご確認下さい。


◎迷惑メールに、分けられてしまうことがあります。
迷惑メールが非常に多くなってきました。
宛先が英文字であったり、タイトルが書かれていなかったり、また、タイトルも英文字で書かれていると、迷惑メールのボックスに入ってしまう恐れがあります。
タイトルを日本語でお書き頂くと有り難いです。
また、送信したまま返信が遅れている場合には、迷惑メールのボックスに入って、削除されてしまった恐れがあります。
そのような恐れのあるときには、再度、送信下さい。
次回の講座など、日程の迫ったメールに関しては、優先して、早めに返信しています。


◎メールに、お名前をお書き下さい。
内容だけで、お名前の書かれていないメールがあります。
送信者を調べなければならず、手間がかかりますので、返信が後回しになることがあります。
また、間違えも多くなりますので、お名前を書いていただければ有り難いです。




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.